今冬のまとめとふきのとう~春の新芽の効用も

未分類

我が家の庭のふきのとうが
顔をひょこひょこ出しております。

Sponsored Links

ご無沙汰しております。
年末の餅つき以来、
記事の更新が滞っておりました。

あまりにも記事がUPされないので、
ご心配の連絡を下さった方も。

申し訳ありませんでした。

わっちーも、
サミーも、
元気に暮らしております。

この冬は、
ある意味、とても厳しい冬でした。

まずは寒さ。
今年は例年以上に
寒く感じました。
光熱費がすごいことになっています。

我が家は車庫がなく、
野ざらしになっているのですが、
朝、出勤前にエンジンをかけに行くと、
車が凍っています。
でも、凍ってドアがあかないということは、
今まで経験したことがありませんでした。

でも、
ドアが開けられないほど、
凍みてしまっていた朝がありました。

無理に開けようとすると、
ポロっと取っ手が取れてしまいそうだし、
このまま開かなかったらどうしようと、
冷や汗をかきながら、
何度か引いてみたら、
開いたので、ホッとしました。

次に雪。
12月くらいから、
今年は雪の降る回数が多いなぁとは
思っていたのですが、
でも、量は少ないと思っていました。
ところが立春を過ぎた頃、
ドカッと降りました。

よく、どのくらい積もった?と
聞かれるのですが、
降っては、かいて、
降っては、かいて、
を繰り返すので、
トータルでどのくらいの量かは
よくわからないのです。

さらに追い打ちをかけて辛かったのは、
わっちーのインフルエンザ。

しっかり流行に乗ってしまったので、
その大雪の時期は
寝込んでしまっていたわっち―。

その間サミーは、
一人で雪かきと戦わなければならなかったのです。
(大げさ)

なんか、一人で雪かきをしている時、
ほんとに明宝で生きていけるのかな、
って思っちゃうほどでした。

今思うと、病んでたね。

でも、
そんな厳しい冬を乗り越えて、
春の気配を感じられる季節。


ふきのとうが顔を出したときは、
本当に嬉しかった。

春だー。

やっぱり、
胃袋にも春を伝えないと、

というわけで、
春の恵みを天ぷらにしました。

いい香り。
揚げることで、
苦みが和らぎ、ちょうどいい。

春の新芽は、
冬の間にため込んだ脂肪などを落として、
これから暑くなる季節に備えるための
身体の準備をする働きがあります。

山菜を食べすぎると、
お腹が緩くなる方は、
その作用が出ている証拠。

天ぷらの油の消化を助けるために、
大根おろしを添えると、良いと思います。

花粉症の方にはつらいかもしれませんが、
これから山が一番楽しい季節。

わさび田の方は、
積雪が多くて、
まだまだ渡ることができなさそうですが、
冬の間に落ちてしまった体力を
少しずつ取り戻して、
来たるべき季節に備えたいと思います。

+++++++

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

 

 

 

Sponsored Links


コメント