ミニ鵜籠(ウカゴ)をつくる

スポンサーリンク

我が家に暮らし始めて驚いたことの一つに、夜、家の中が真っ暗。

真っ暗すぎて、電気のスイッチの場所も分からないくらい。

仕方がないので、ところどころセンサーライトを置いているのですが、ふと、このセンサーライトを竹カゴの中に入れたらどうだろうか?と思ったのです。

 

そこで挑戦したのがミニ鵜籠(うかご)。

鵜籠というのは、鵜飼の鵜を入れておくためのカゴ。

それをミニサイズにしたものです。

 

 

これがカゴの底の部分。
2本揃えて編んでいきます。

見た目は単純な六ツ目のカゴだけれど、いろいろ難しいポイントがいっぱい。

目がうまくそろわず、形がひずんで、何回編み直したことか。

 

 

何度も編み直していたら、ヒゴが折れてしまったところもあって、これ以上編み直すのはのは限界。

 

 

縁を仕上げて、足の加工。

 

こういう工作は苦手。

中心から穴がずれているのはへそ曲がりのせい?

 

 

最後は縁と足を「しおり結び」という結び方で結びます。
庭師さんがよく使う結び方。

片方が長いままで結ぶので、無駄がないのだそうですが、上手く結べない。

 

六ツ目のカゴは今までたくさん編んできて、このミニ鵜籠も編めるだろうと高を括っていたのが大間違い。

シンプルなものほど、形を整えることが難しいし、少しでも歪むと残念なことになることを痛感。

でも、足をつけるとそれほど歪みは目立たなくなる…確かに。

 

 

あぁ、でもやっぱりちょっと残念な出来。

しばらくしたらリベンジするかも(笑)

スポンサーリンク

コメント