梅干しザルは…〇〇した方が早い

手しごと

半年以上かけて

梅干しザル、ようやく完成。
梅の季節までには、
余裕で(笑)間に合った。

Sponsored Links

ホームセンターで買った、
梅干しザル(右)
毎年、梅の量が増え、
干す場所が足りないため、
自分で作ってみることにした。

ザルの内側は、
透かし網代
ヒゴの幅は5㎜。
本数がいるため、
皮だけではなく身も使う
2本ずつ色が違うのはそのせい

 

外側は大きい六ツ目。
ところどころ
内側の透かし網代の目に
ヒゴを通す
行き当たりばったりで、
やってみたらできた

一番大変だったのは、
縁をはめるところ。
3人がかりで、縁を持ち上げる
これも、
行き当たりばったりで、
どうにかなった。

立ち上がりは、
本当は垂直に持ち上げたかったけれど、
縁をはめるので精一杯。
力竹を入れることで、
底が少しは平らになったけれど、
きっと、縁に置いた梅干しは、
コロコロ転がってしまうだろう。

どうしても
金属を使いたくなくて、
縁は籐皮で大和結び。
頑丈さに欠ける部分はあるので、
取り扱い注意だな。

思っていた以上に
竹も使うし、
手間もかかるし、
技もいる。
ホームセンターで売っているザルは、
なぜあんな金額でできるのだろう?

正直、
買ったほうが早い(笑)
こんなこと言うと
元も子もないないけれど。

でも、
作ることに意義がある。
使うごとに愛着が沸く。

少々ヘソが曲がっていても
ご愛敬。

+++++++

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

Sponsored Links


コメント