梅しごと~失敗から学ぶ

   

 
今年は梅の生りが
少ない年。
そんな中分けて頂いた貴重な梅を
あまりの忙しさに、
手抜きで漬けたら、
ものの見事にカビてしまった。
 
 

Sponsored Link
 
貴重な恵みを
無駄にしてしまうことが
1番ショック。
本当に基本的な事なのに、
出来なかった自分を責める。
 
失敗の原因は、
梅の実を浸水させなかった事
塩の量を控えてしまった事
梅の実に塩をしっかりまぶさず、
上からどさっとかけただけだった事
重石が軽すぎた事
一気に水を上げるのが
梅干し仕込みの一番のコツなのに、
手を抜いたがために
3日たっても水が上がらず、
カビさせてしまった
 
去年たくさんの梅を採らせてもらった所も、
今年は少なくて諦めかけていた所に、
「奥の方にはなっとる木があるで」、
と声をかけてもらった。
 
ありがたい!
 
薮の中をかき分けて、
梅を採らせてもらう。
貴重な梅。
本当にありがたい。
 
「遠慮する事ないで」
というお言葉に甘えて、
しっかり、採らせてもらう。
ややしんどいなぁ、と思いながら。
 
そう、
そんなに時間がかからないから、
と思って水分も持たずに来てしまった。
夕方だったから、というのもあったし。
でも、その日は夕方でもものすごく暑くて、
やられてしまった。
すぐに経口補水液を飲む。
 
今年は諦めてかけていた所に手に入った
梅がとても愛おしく、
どんなに忙しくても、
梅、最優先で丁寧に仕込む。
 
もちろん、塩の量もちゃんと計量して。
今度もカビてしまったら、
救いようがない。
 
ここまで水が上がってきたら、
もう安心。
 
あとは日々カビが発生していないか、
確認。
早期発見が広がらせないコツ。
 
時期的に少し遅めの梅だから、
所々シミが多い。
例年は白梅酢がほしくて、
赤シソは入れないのだけれど、
シミ隠しに、
今年は赤シソを入れてみようかな。
 
ちなみに去年の梅仕事はこちら
本当にたわわに実っていたんだな。
生り年とそうでない年。
梅の木の都合だから、
受け入れるしかないね。
 
そうそう、
梅の実を採った日は、
熱中症だけじゃなくて、
ヒルにも食われていました。
しかも、すごいところを(笑)
 
+++++++

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

Sponsored Link

 - 保存食, 梅干し , , ,