【大量消費レシピ】ズッキーニの浅漬け~ズッキーニの効能も。

   

Sponsored Links

 
今年は早め早めの
収穫を心掛けていたはずなのに
気がつけば、ドーン!

 
ピーマンとの比較で
大きさがお分かり頂けますか?
 
お化けズッキーニです。
 
最後の最後で、
というか、葉っぱと草に紛れて、
全然気がついてなかったのだ。
 
ズッキーニの食べ方というと、
オリーブオイルで
シンプルにソテーが
1番美味いと思う。
 
でも、流石に飽きる
 
バリエーションとして、
ごま油でやったり、
トマトケチャップとか、
カレー味とか。
 
でも限界。
 
煮てもいいけど、
(私はあまり好きではない)
 
で、意外と美味しいのが、
浅漬け。
ポリポリ、歯ごたえがいい。
 
甘酢漬け、醤油漬け、辛子漬けもいいけど、
シンプルな浅漬けが好み。
 
手間も簡単だし、
 
塩昆布や生姜、ミョウガ、南蛮なんかも入れてもいいかも。
 

ズッキーニの浅漬け

レシピと言えるほどのものではありませんが、

忘備録的に。

<材料>

ズッキーニ 適量
ズッキーニの重さの2%
しょうが 適量
塩昆布 適量
<作り方>
❶ ズッキーニは縦に半分(大きいものは1/4)に切り、5㎜くらいにスライスする。大きいもので種が出来ている場合はスプーンで取り除く。
❷ ズッキーニの重さの2%の塩をまぶし、しょうが、塩昆布などを合わせ、重石をしてしばらく(~一晩)置く。

あまりにも育ち過ぎたズッキーニの場合、

生で食べるには皮がすこし固いこともあります。
ところどころ、ピーラーで皮をむくと、
食べやすいです。
 
 
 
 

ズッキーニの効能

低カロリーで低糖質。
ダイエットしているときでも、
安心して食べられます。
 
カリウムによる利尿効果があり
夏に水分をとりすぎて、
むくんでしまっているときにもよいですね。
またカリウムは
ナトリウム(塩分)を排出する作用もあるので、
高血圧予防にもなります。
 
抗酸化作用の強い
βカロテンやビタミンCも含まれているので、
アンチエイジングにも。
夏の紫外線でダメージの受けた肌の修復にも
効果がありそうです。
もちろん、疲労回復、風邪の予防にも。
 
ここでは生で食べる浅漬けをご紹介しましたが、
油で炒めることで、
βカロテンが体に吸収されやすくなります。
 
やっぱり、
効果的に栄養を摂るには、
ソテーがいいのかもしれませんね。
 
でも大量消費には浅漬けも
お試しくださいね。
+++++++

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

 
Sponsored Links

 

 - ズッキーニ, レシピ, 夏のごはん, 里山ごはん ,